新着一覧

自治体商品券の加盟店に登録して、商売広めよう!(10/9)

rogo

埼玉県でも来週10/12より、GoToEatキャンペーンがスタートします。
各自治体でも、プレミアム商品券の発行で、地元業者支援策を打ち出しています。

各自治体、プレミアム商品券のHP一覧

加盟店の募集は、随時行っている自治体が多いです。
お金のかからない宣伝広告です!積極的に参加をして、お店の認知度を広めよう!

 

 

2020年10月09日

市町村支援金の申請期限等延長(9/8)

一部市町村で、申請期限の延長が決定しまています。

条件・申請期限変更=川越市、鳩山町

申請期限延長   =東松山市、嵐山町

申請期限終了   =吉見町

2020年09月09日

埼玉県中小業者・個人事業主等家賃支援金(オーナー支援)の申請が始まりました(7/20)

4~6月にコロナウイルスの影響で売上が減少したテナントに対して、家賃を20%以上減免したオーナーに対する支援金申請が開始されました。

申請期限は7/17~10/16まで。申請は郵送のみ。減免額の1/5で上限は20万円まで。

条件として、賃借人(テナント業者)が、
①4~6月において、コロナによる売上減少で国の家賃支援給付金の対象になっていること。
②来店する一般消費者に対して経常的に物品販売又はサービスの提供を行うものであること。(事務所、倉庫、作業場、駐車場などは対象外)
であり、4~6月の少なくとも1カ月分の家賃を20%以上減免している場合。

 

売上が減少したテナント業者に対して国の家賃支援給付金に上乗せする、県の家賃支援金は、8月中旬を目途に申請開始となる予定です。

 

2020年07月20日

家賃支援給付金の申請が始まりました(7/14)

7/14から、家賃支援給付金の申請が始まりました。

申請は、インターネット申請のみとなっています。

必要となる書類は、賃貸借契約書、家賃の支払いを行っている通帳や振込明細書が必要です。更新の時期によっては同意書なども必要となります。賃貸借契約書が無い場合でも申請が出来ます。

そのほか、持続化給付金で添付書類として使用した、確定申告書(法人は決算書)、青色決算書・収支内訳書・法人事業概況書、免許証などの本人確認書類、振り込んでもらうための通帳、減少した月の売上台帳が必要です。

2020年07月14日

コロナ減免(国保、介護、後期)のページを作成しました(7/9)

コロナウイルスにより、昨年度と比較して売上が3割以上減少する見込みの場合、国保税、65歳以上の介護保険税、75歳以上の後期高齢者医療保険が、家族全員分含め無料になる可能性があります。

コロナ減免のページを作成しました。

各自治体のHP、もしくは窓口で申請書をもらい、添付書類と共に提出します。

2020年07月09日

埼玉県中小企業・個人事業主支援金の申請開始

5/7、埼玉県中小企業・個人事業主支援金の申請が始まりました。

20日間、休業や短時間営業、売り上げが無かった日などで20万円もらえる制度です。

申請方法は、インターネット、もしくは書面での郵送。

国の持続化給付金とセットで申請するとスムーズです。

申請期限は6/15まで。早めに申請をしましょう。

2020年05月08日

住居確保給付金の緩和

コロナウイルスの影響で、収入減少、廃業などの場合で経済的に困窮した方に対して、家賃を補助する住宅確保給付金の申請が緩和されました。

支給期間は3カ月。最大で9カ月分の家賃を補助。返さなくていい補助金です。

手続きは、各市町村、又は社会福祉協議会にて。

2020年04月24日